必見!今注目の営業代行サービスについて知っておきたいこと

営業代行の上手な活用の仕方

営業代行サービスの活用方法の一つに、立ち上げたばかりの新規事業に対して活用する方法があります。新規事業は先行きが不透明ですので、そこにいきなり自社の営業担当を送り込むことはリスクが高いです。それよりもコスト的にも抑えられる営業代行サービスを利用して、ある程度事業が波に乗ってきた段階で営業社員を投入する方が無駄が少ないです。またその場合には営業代行サービスを新規事業や新商品のマーケティング的な意味合いで活用することも可能です。

営業代行の様々なサービス内容

営業代行サービスと聞くと、自社の営業社員と同様に営業活動を行ってもらえるものとイメージしますが、実はサービスの範囲は想像以上に広いです。もちろん営業活動のみを行ってもらえるサービスもありますし、テレフォンアポイントメントのみを行ってもらえるサービスもあります。営業代行のなかでも最もサービス内容が充実しているサービスが、営業戦略の立案から実行、検証までを行ってもらえるサービスです。このサービスでは最終的に営業ノウハウを自社にフィードバックすることが出来ますので、契約終了後も営業代行を活用したメリットが残ります。

サービス利用時の注意点

自社で営業社員を雇用するよりも低コストで活用できる営業代行サービスは非常に便利ですが、活用の際には注意するべきこともあります。まず自社の営業活動における弱みを把握してから、サービスを利用することが大切です。自社だけでも充分に行えることも外部に委託しても意味がありませんし、費用的にも無駄が発生します。また費用も固定報酬型と成功報酬型がありますので、売り出す商品によってどちらを選択するか決めることが重要です。成功報酬型の方がリスクが少ないようにも思えますが、比較的売りやすい商品の場合でしたら、固定報酬型よりもコストが大きくなる恐れがあります。

商品を開発したけれどそれを売り込むことが難しい場合には営業代行を利用することで、スムーズに普及させることが出来ます。