滞在先でトイレが詰まった!さあどうしよう?!

滞在先でのトイレ詰まりは恥ずかしい

自宅でトイレが詰まった際は、如何様にでも対処のしようがあります。しかし、滞在先などで身の回りで道具が揃えられない状況でトイレが詰まった場合は、一気に切迫の度合いが上がってしまいます。「自分の家のトイレじゃないから」と放置してしまうかもしれませんが、やはり人に迷惑をかけたくはありませんし、何といってもトイレが詰まった様を他人に見られるのはとても恥ずかしいことです。可能であれば対処策を講じて何とかしたいものです。

まずはバケツの水で流してみる

流してはいけない物を流さない限りは、詰まりの原因は便とトイレットペーパーということになります。トイレのレバーを何度もひねって洗浄水で押し流せる場合もありますが、これだけの水流では簡単に流れなくなってしまっているはずなので、より強い水流をかけて詰まりを押し出す必要があります。もし、時間をかけてトイレに貯まった水が引いている状況であれば、大量の水を流さないように気をつけつつ、高低による落差で水流に勢いをつけたバケツの水を排水口めがけて流すと詰まりが解消される場合があるので、試してみると良いでしょう。

詰まりを崩して流す!

滞在先などでトイレを詰まらせた場合は上記の方法でおおよそ解消できるのですが、それでも流れない場合は次の方法を講じなければなりません。そこでとるのが、お湯を流して温めてから詰まりを崩すという方法です。あまり高温ではないお湯を30分ほど詰まったトイレに貯めておくことで、トイレの詰まりが直る場合があります。これでも解消されない時は、重曹と酢を混ぜたお湯を排水口に流して二酸化炭素の発泡力で詰まりを崩すなどすると、ほとんどのトイレ詰まりは解消できるでしょう。

水漏れをそのまま放置すると配管だけではなく、周囲の建材の劣化やカビの発生などの弊害が生じます。また、水道代が嵩んでしまうこともあるので速やかに修理を行う必要があります。