探偵気分でしっかり対策!プライバシーを守ろう

探偵の手口を学びましょう

探偵というのは他人のプライバシーを調査し、依頼主に報告するのが仕事です。実際にこのような仕事は世の中にありますし、探偵のノウハウというものも存在します。ということは、探偵の手口を学ぶことでプライバシー対策ができる、ということでもあります。一般的に探偵がどのようにプライバシーを調査するのか知っておき、こちらも探偵気分で裏をかいてプライバシー対策を万全にしてしまいましょう。楽しみながら対策すれば家族も協力してくれます。

不審な車がいないか要チェック!

駐車場や路上に、いつもと違う不審な車が停まっていることがありますよね。探偵は張り込みをするときに車を使うことがあるので、このような車も中に調査員が乗っている可能性があります。不審な車がずっと停まっている…というときは目を光らせておき、「何月何日、何時頃から何時頃まで」とメモを残しておきましょう。もちろんナンバーも控えます。連日停車しているようならしばらくメモを続けます。くれぐれも、中の人を問いつめたりするのはやめましょう。

郵便物に違和感を感じたら要チェック!

郵便物にはプライバシーがあふれているので、これをチェックする探偵も多いようです。いつも届くはずのものが届かないとか、誰かが触った形跡がある、などというときには疑ってみましょう。できれば鍵付きの郵便受けに変えるのがベストです。もし家にいるなら郵便物が届く時間にすぐに受け取りにいき、郵便受けに放置しないのも手です。ためっぱなしにしておくと「プライバシーに関してずぼらなのだな」と心置きなくあさられてしまう可能性があります。

企業の依頼で機密文書を保管し、必要がなくなったときには破棄するサービスを業務としている業者があります。