ホームページを作る時に気になるSEO対策とは

実はとても重要なSEO対策

例えばお店のホームページを作るとします。この場合、多くの人はホームページのデザインにはこだわりを持っていますがSEO対策の知識を持っている人は意外と少ないのですね。SEOとは上位表示対策と言い換えるとわかりやすいでしょう。いくらきれいなホームページを作成したとしても、上位表示されなくては誰も見てくれません。例えば、いくらかわいい地下アイドルがいたとしても宣伝をしてくれなければほとんど知られることがないのと同じです。

SEOは内部が大事!

SEO対策と言えば内部SEOと外部SEOがありますが、2012年4月より前は被リンクをたくさん持っていることが大事、つまり外部SEOが大事と言われていました。ですが、2012年4月以降は内部SEOのほうが重要だと言われてきています。外部SEOと内部SEOの重要度は2:8で内部SEOが重要であるということなのですね。内部SEOとはコンテンツ(サイトの中身)の質がとても評価されるというのが定説になっています。

コンテンツは死ぬほど大事

内部SEOで誤解をしている人がいますが、中身のないページを何層にも渡って作ったり、たくさんの人を誘導するために巨大掲示板で自分のページのリンクを張ってもほとんど意味がないのですよ。大事なのはそのサイトの滞在時間とで訪問回数で、一人の人が長い時間訪問したり、また何度も訪問する人が増えてくるといよいよ上位表示されやすくなります。ホームページで大事なのはデザインよりも前にそのページにはどんな重要で面白い情報が載っているかということなのです。

ホームページの検索順位を検索サイトの上位に表示させるために行われるのが、ホームページ作成とSEOの最適化です。