現場で使える!フォークリフトの資格について

フォークリフトの操作資格について

倉庫などの現場で大活躍のフォークリフトを操作するためには「フォークリフト運転者」の資格が必要です。「フォークリフト免許」なんて言われたりもしますが、正式名称はこちらです。これは、労働安全衛生法に基づいた国家資格です。指定の機関で講習と実技の講習を受け、試験に合格すれば修了証を取得できます。ちなみに、履歴書などにこの資格を持っていることを記載したい場合は「フォークリフト運転技能講習修了」と書きましょう。

持っている免許によって、講習内容が変わります

なお、フォークリフト資格には「技能講習」と「特別教育」の二種類があります。ご存知でしたか?特別教育は1トン未満のフォークリフト向けですが、実務で使うのであれば最大荷重1トン以上フォークリフトを運転できる資格である技能講習を受けましょう。フォークリフト運転経験の有無や、自動車免許、大型特殊免許等所持の有無によって、必要な講習内容、時間が異なります。運転経験があることを証明するためには、会社代表者の証明が要るので、受講前に忘れずに書いてもらいましょう。最長5日、最短2日程度で取得できますよ。

公道を走るための免許は別途必要です

「フォークリフト運転者」の資格は、あくまで工場や倉庫、会社の敷地内などでフォークリフトを運転するためのものです。もし公道を走りたいのであれば、機種に応じた免許、具体的には小型特殊、新小型特殊、大型特殊免許のいずれかを取得していなければいけません。公道では荷物を積んだまま走っちゃだめですよ。できるのは移動だけです。フォークリフトの資格は、必要になってから会社が取らせてくれる場合もありますが、もし工場や倉庫で働きたいのであれば持っていて損はありません。機会があったら取得してみてはいかがですか?

フォークリフトは一般的に石油燃料で動くエンジンを使用しているため、馬力が強い一方で排気ガスが発生する欠点があります。そのため、屋内での使用は排気ガスが出ないバッテリー式の車両が適しています。