様々な商品を販売している代理店とはどんなもの?

誰にもお馴染みな車の販売代理店

代理店とは、様々な業務を代行して行ってしまう業種のことですが、その店舗そのものを指して言う場合もあります。この代理店の中でもお馴染みのものが、大手自動車メーカーの販売代理店でしょう。大手の自動車メーカーは、自社で直営している販売店網も持っているのですが、それ以外にも、自社の車を販売する契約代理店を多数擁していて、自社直営の販売店網にこの契約代理店を加えて、全国的な自動車の販売網を有しているわけなのです。

アメ車やドイツ車の輸入販売代理店もあります

こうした車の販売代理店の中には、大手自動車メーカーの一社とだけではなく、複数のメーカーと代理店契約をしていて、数社の車をその販売代理店として販売している、というところも珍しくはありません。もちろん、一社とたげ代理店契約を結んで、そのメーカーの車だけを専門に販売している、という代理店もありますが。こうした車の販売代理店の中には、日本の大手自動車メーカーではなく、アメリカやドイツなどの大手自動車メーカーと契約していて、その輸入販売代理店となっているところもあるわけです。

世界各国のお酒も輸入販売代理店を通して

輸入販売代理店といえば、車以外にもお酒の販売代理店といったものがあります。コンビニやスーパーなどのお酒の売り場に行ってみれば、世界各国のお酒がズラリと並んでいますよね。ウイスキーにジン、ウオッカ、ワインといった洋酒から、中国のお酒や、最近では韓国のお酒など、本当に世界各国のお酒がいっぱいですが、これらの外国産のお酒は、みなお酒の輸入販売代理店を通して仕入れされて、コンビにやスーパーのお酒売り場に並んでいるわけなのですね。

代理店があるから私達は様々な商品を自分の住んでいる地域で手に入れることができます。商品購入の窓口なのです。