印刷にはどんな方式があるの?特徴が異なる印刷の種類

日常でも目にする機会が多い平版印刷

印刷物は、原稿になっている版がどのような形状になっているかによって分類されるのが一般的です。とは言っても、普段はあまり意識しないことも多いですよね。一般的に、書籍や新聞、雑誌やカタログのように、紙へ印刷しているものは多くの場合が平版印刷です。平版印刷とは、版にインキを塗布して、一度樹脂またはゴムなどへ転写した後、紙へと転写していきます。この方法は、版と直接紙が触れないため、オフセット印刷と呼ばれることがあるんですよ。

凸版印刷と凹版印刷の違いとは?

凸版印刷や凹版印刷という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。印刷していく画線部の形状が凸状になっている版を使うのが凸版印刷、逆に凹状になっている版を使う方が凹版印刷と呼ばれます。凸版印刷では、画線部分のエッジがよりシャープな特徴があります。これに対して凹版印刷は、印刷面の画線部分の表面が段差になる特徴を持っています。この方法はグラビア印刷と呼ばれることもあり、写真を印刷したり美術印刷の領域でも強さを発揮してくれるんです。

シルクスクリーンとしても知られる孔版印刷

メッシュ状になった版に、印刷する画線部分だけインキを通すような処理が施され、その部分からインキを紙に転写していくのが孔版印刷です。以前は、この方法で使用する版としてシルクを使用していたので、シルクスクリーンを呼ばれることもあります。版に柔軟性が出るので、曲面になっている部分にも印刷が可能という利点があります。その一方で、短い時間の間に大量に印刷したり、精密さが要求される画線を印刷したいような場合には不向きと言えるでしょう。

封筒印刷を短時間で高品質に仕上げたい場合には通販の業者を利用すれば、料金も安くて非常に便利だといえます。