自営業を始める前に作っておこう!事業目論見書とその内容

事業の目的と具体的計画を書面にしよう

親の個人事業を継ぐケースはあまり考える必要はないかもしれませんが、会社を辞めて自営業として独立しようという場合には、どのように事業を進めていくかをしっかり整理した上で行動に移すことが大切でしょう。ただ考えるだけでなく、それを書面に残すことが大切かもしれません。書面にする行為は、自分にとっての自営業開始宣言としての決意表明でもありますし、後で見ることもできるようになります。また、作成の段階で、事業についてよりじっくり考えることにも繋がるでしょう。

事業目論見書はピンチを救ってくれる

自営業を始めるにあたって事業目論見書を作成すると、独立後のピンチを救ってくれることがあるかもしれません。例えば、受注しようかどうか迷った時に、独立当初の自分の思いや理念を目論見書を見ることで思いだし、判断ができることもあるでしょう。事業継続をあきらめそうになった時の励みになるかもしれません。また、資金繰りがピンチの時に公的なものを含めた融資を受ける際、しっかりした計画を作る元となる役割を果たす効果も期待できるでしょう。

事業目論見書で資金繰りの目途を付ける

自営業を始めるにあたっては、最初から大きく広げてやっていくか、小さく始めるのかによって、初期投資等の資金負担が大きく変化します。自分にとってどの程度が最適なのか、事業の将来を考えるとどの程度の規模で始めていくべきかについて、様々なシミュレーションを行っておく必要があるでしょう。事業目論見書を作成することで、自然にそういった初期の資金繰りを詰めていくことに繋がるはずです。事業目論見書は事業にとって大切な資金繰りの目途を付けてくれる役割もあるのかもしれません。

フランチャイズの飲食店の求人では、ほぼ全ての作業においてマニュアルが設定されているので、仕事を覚えやすく働きやすい環境が整っています。